グループホームあんのん
topページへ 会社案内 入居案内 採用情報 お問い合わせ リンク 交通アクセス サイトマップ
お問い合わせフォーム
空室状況 入居案内

会社案内-概要

会社名 有限会社あんのん
所在地 〒856-0820 長崎県大村市協和町710番地1 (地図
TEL:0957-50-0066  FAX:0957-50-0068
お問い合わせ お問い合わせフォーム
ホームページ http://www.annon.co.jp
代表取締役 白仁田 敏史 (シラニタ トシブミ)
創設年月日 平成12年7月13日
主要取引銀行 十八銀行西大村支店、ゆうちょ銀行
顧問 顧問税理士 税理士法人アップパートナーズ
顧問社会保険労務士 松浦労務企画

沿革

2000年7月 有限会社あんのん 設立
2000年10月 痴呆対応型共同生活介護 グループホームあんのん1(1ユニット) 開設
2002年2月 痴呆対応型共同生活介護 グループホームあんのん2(1ユニット) 開設
2009年10月 宅老所あんのん西大村本町 開設
2009年11月 宅老所あんのん西大村本町から→小規模多機能ホームあんのん 開設
2011年6月 グループホーム・小規模多機能ホームあんのん西大村本町より協和町へ移転
2011年6月 お住まいあんのん協和町(サービス付高齢者向け住宅) 開設
2012年8月 サテライト型小規模多機能ホームあんのん西大村本町 開設
お住まいあんのん西大村本町「(高齢者住宅) 開設
2014年6月 あんのん配食部(配食サービス) 開設

事業所所在地

【グループホームあんのん】
【お住まいあんのん協和町(サービス付高齢者向け住宅)】
  〒856-0820 長崎県大村市協和町710番地1   TEL:0957-50-0066  FAX:0957-50-0068
【小規模多機能ホームあんのん協和町】
  〒856-0820 長崎県大村市協和町710番地1   TEL:0957-54-8678  FAX:0957-54-8684
【小規模多機能ホームあんのん西大村本町(サテライト型)】
【お住まいあんのん西大村本町「(高齢者住宅)】
  〒856-0820 長崎県大村市西大村本町353番地   TEL:0957-50-0074  FAX:0957-50-0088
【あんのん配食部(配食サービス)】
  〒856-0820 長崎県大村市協和町800番地1

代表挨拶

老いるという言葉は、「生う」からきているそうです。つまり老いるとは、生きることと同じ意味。
人間が生きていくうえでの喜びや悲しみは、すべて生活の中にあるわけで、生活は関係の集積なんですね。
利用者一人ひとりのこれまで生きてきた歴史の中から、その時々の喜びや悲しみが語られます。ひとつの物語として・・・
餅つきにしても、花見にしても、一人ひとりの物語があるんですね。その物語から私たちは何を学ぶかです。
長寿を祝うこの国に生まれたはずが、老人を幸せにしない近代日本。
我が国の社会が生産性と効率性を追求し、それを優れたものとする価値観で成り立っているからでしょうか。
一人ひとりのお年寄りの目がキラキラ輝くこと、介護という仕事が聖職として正当に評価されることがこの国を変えていく。
自らの幸せのためにも、広く社会全体が平穏無事であるよう願い、「世の中安穏(あんのん)なれ」という言葉から 社名を「あんのん(安穏)」と名付けました。
身体に障害を有しても、認知症という状態になっても、住み慣れた街で普通に暮らしていくことを理念掲げ、皆様とあんのんスタッフとそして社会と共に成長し続ける企業を目指してこれからも努力を続けてまいります。
白仁田敏史代表有限会社あんのん
代表取締役 白仁田敏史 

ノーマライゼーションを目指して

  私たちの住む地域社会は、様々な人々によって構成されています。

  男も女も、子供もお年よりも、いま健康な人も、身体の不自由な人もそうでない人も、

  それぞれがありのままに存在し、共に暮らしていることが正常な姿なのです。

理念

  認知症になっても、住み慣れた街で普通に暮らして欲しい。

  
そして、安心と尊厳を守り、私たちのグループホームが明るい

  長寿社会づくりに役に立てるように力を尽くそう。


  自由があり、活気があり、笑顔が素敵で表情豊かに生活し、そして

  積極的に生きていけるよう共に支えあって行きたい!

方針

  本事業は、記憶や見当職が次第に弱まっていく認知症高齢者にとって自分の慣れ親しんだ

  生活スタイルに、より近い家庭的な少グループの中で、残存能力を最大限に活かすための

  生活の場の提供。

  スタッフは、「介護の提供者」ではなく「生活のパートナー」としての意識を共有することを重視し、

  本人の主体性や自己決定を尊重しながら共同生活を営んでいく。

上へ戻る